家族葬の費用

家族葬プランはこちらから

家族葬の費用

家族葬の費用 画像
スポンサードリンク

家族葬では何が必要なの?費用の内訳と相場を紹介 家族だけで行える家族葬。もしご家族が亡くなった場合には、家族葬を選ぼうと考えている方も多いかもしれません。 しかし、家族葬には何が必要で、どれだけ費用が掛かるのかは分かりにくいもの。それによって家族葬を選びにくい状態になっているかもしれません。 今回は家族葬に必要なものと、それにかかる費用についてみていきます。

家族葬で必要な費用の内訳は?

家族葬で必要となるものは、まず会場代と祭壇の費用です。 葬儀場のホールを借りるための費用がかかりますし、祭壇を作るのにも費用が必要となります。 そして意外と忘れがちなものもあります。 例えばご遺体を運ぶ寝台車や霊柩車を利用するにも費用がかかりますし、祭壇に設置するお菓子や果物、線香やろうそくなども葬儀場に用意してもらうため、費用が掛かることになります。 以上は固定費となりますが、その時々で変わる費用もあります。それが料理の費用です。 お通夜や告別式では参列者に対して料理を出すことになります。参列者に人数に応じて費用は変わりますが、忘れてはならないものです。 このように家族葬では、会場や祭壇といった大きなものはもちろん、細かな用品などの費用も必要となります。

家族葬の費用の相場は?

スポンサードリンク

では、家族葬を行う場合の費用の相場はいくらくらいなのでしょうか。 まず会場代が15万円ほど、祭壇代が25万円ほどとなります。また寝台車や霊柩車といった、そのほかに必要となるものの費用が35万円ほどとなります。 合計すると75万円ほどは必要となるでしょう。 しかし、葬儀場によって会員価格などが設定されているので、相場よりも安く済むということもあります。 反対にサイトなどで家族葬のプラン料金が表示されていることがありますが、そのプラン料金は必要最低限のものしか含まれておらず、細々とした用品などの費用が別途必要になることもあります。 そのため各葬儀場の料金設定の仕方を知っておき、様々な葬儀場で料金を比較することをおすすめします。

まとめ

家族葬の費用についてみていきました。 多くの人は、会場代や祭壇代がかかることは考えるものの、そのほかの必要となる用品の費用などは考えないことが多いです。 それによって、家族葬であるにもかかわらず、思ったよりも費用が掛かってしまったということになってしまうのです。 サイトなどで掲載されている料金を鵜呑みにするのではなく、家族葬を行う上で必要なものすべてを含んだ料金がいくらになるのかを知っておくことが、家族葬で失敗しないための秘訣といえるでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

家族葬とは

家族葬とは

家族葬とはその名の通り、家族など身近な人だけが参列する葬儀の形です。 葬儀というと家族や親族はもちろん、友人や近隣住民、会社の同僚や上司、さらには取引先の会社の人までが参列する場合があります。最期の時を多くの人に見送られることを理想としている人であれば、そういった賑やかな葬儀でもよいでしょう。家族葬とはをもっと読む

家族葬の範囲

家族葬の範囲

葬儀を行う際に家族葬を選ぶ場合に悩みがちなのが、誰を呼ばなければならないのかということです。前述したように、家族葬は身近な人だけで行う葬儀ですが、身近な人といっても抽象的であり、実際にはどの範囲の人を呼べばよいのかわからないものです。 しかし、心配する必要はありません。家族葬において参列すべき人、参列してはいけない人に決まりがあるわけではないのです。家族葬の範囲をもっと読む

家族葬の香典

家族葬の香典

家族葬に参列するということは、ごく身近な人が亡くなったということです。場合によっては両親や兄弟といった人が亡くなった際の葬儀かもしれません。このように身近な人の葬儀であれば、お香典はもっていかなくても良いのではないかと考えるかもしれません。しかし、葬儀においては、身近な人ほど渡すお香典も高くしなければならないものです。家族葬の香典をもっと読む

家族葬の費用

家族葬の費用

家族葬で必要となるものは、まず会場代と祭壇の費用です。葬儀場のホールを借りるための費用がかかりますし、祭壇を作るのにも費用が必要となります。そして意外と忘れがちなものもあります。例えばご遺体を運ぶ寝台車や霊柩車を利用するにも費用がかかりますし、祭壇に設置するお菓子や果物、線香やろうそくなども葬儀場に用意してもらうため、費用が掛かることになります。家族葬の費用をもっと読む

家族葬の参列

家族葬の参列

葬儀を行う際に家族葬を選ぶ場合に悩みがちなのが、誰を呼ばなければならないのかということです。前述したように、家族葬は身近な人だけで行う葬儀ですが、身近な人といっても抽象的であり、実際にはどの範囲の人を呼べばよいのかわからないものです。 しかし、心配する必要はありません。家族葬において参列すべき人、参列してはいけない人に決まりがあるわけではないのです。家族葬の参列をもっと読む

深夜・早朝・24時間