家族葬の参列

家族葬プランはこちらから

家族葬の参列

家族葬の参列 画像
スポンサードリンク

家族葬はどの範囲の人を呼べばいいの?人数に決まりはあるの? テレビや雑誌、葬儀場などで目にすることも多くなった「家族葬」という言葉。 従来は近隣の人や知人、会社関係の人なども葬儀に呼ぶことが一般的でしたが、現代では家族だけで葬儀を行いたいという家庭も増えていることから、家族葬の需要も増えつつあります。 しかし、家族葬についてよくわからないという人も多いはずです。 そこで家族葬における決まりなどがあるのかを見ていきましょう。

家族葬には誰を呼ばなければならないの?

葬儀を行う際に家族葬を選ぶ場合に悩みがちなのが、誰を呼ばなければならないのかということです。 前述したように、家族葬は身近な人だけで行う葬儀ですが、身近な人といっても抽象的であり、実際にはどの範囲の人を呼べばよいのかわからないものです。 しかし、心配する必要はありません。家族葬において参列すべき人、参列してはいけない人に決まりがあるわけではないのです。 もちろん故人の配偶者や子どもは参列するかと思いますが、それ以外にも親族を呼びたい場合は呼んでも良いですし、あまり関係が良くないといった場合は呼ばなくても良いです。 また故人の昔からの知人などは親族には入りませんが、付き合いが長く、故人と親しくしていたというのであれば参列してもらうとよいでしょう。 このように家族葬において誰を呼ぶかというのは、家族の判断で決定してよいのです。

家族葬に参列できる人数は?

スポンサードリンク

では、家族葬に参列できる人数に制限はあるのでしょうか。 今は家族葬を選ぶ人が増えていることから、葬儀場でも家族葬のプランが組まれています。そういったプランでは、小規模が前提の家族葬の参列者も人数制限が設けられていそうです。 しかし、人数に決まりが設けられていることはほとんどありません。人数に関しても、家族の判断で決定してよいのです。 ただし家族葬の会場は小さなホールが多いため、会場の広さの都合で参列者が制限される可能性もあります。 これは葬儀場によって違うため、参列者の人数を把握したうえで葬儀場に相談し、どうしても人数に問題がある場合には別のプランを考えた方が良いかもしれません。

まとめ

家族葬において、誰を呼ぶべきなのか、人数に制限はあるのかという点を見ていきました。 家族葬は小規模という前提ではありますが、家族以外を呼んではいけないという決まりもありませんし、人数にも決まりはありません。 しかし、だからといって誰彼かまわずに呼んでいては、家族葬を選ぶ意味がなくなってしまいます。 家族葬を選ぶのであれば、呼ぶ人をしっかりと判断して、故人も喜んでくれるような葬儀にしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

家族葬とは

家族葬とは

家族葬とはその名の通り、家族など身近な人だけが参列する葬儀の形です。 葬儀というと家族や親族はもちろん、友人や近隣住民、会社の同僚や上司、さらには取引先の会社の人までが参列する場合があります。最期の時を多くの人に見送られることを理想としている人であれば、そういった賑やかな葬儀でもよいでしょう。家族葬とはをもっと読む

家族葬の範囲

家族葬の範囲

葬儀を行う際に家族葬を選ぶ場合に悩みがちなのが、誰を呼ばなければならないのかということです。前述したように、家族葬は身近な人だけで行う葬儀ですが、身近な人といっても抽象的であり、実際にはどの範囲の人を呼べばよいのかわからないものです。 しかし、心配する必要はありません。家族葬において参列すべき人、参列してはいけない人に決まりがあるわけではないのです。家族葬の範囲をもっと読む

家族葬の香典

家族葬の香典

家族葬に参列するということは、ごく身近な人が亡くなったということです。場合によっては両親や兄弟といった人が亡くなった際の葬儀かもしれません。このように身近な人の葬儀であれば、お香典はもっていかなくても良いのではないかと考えるかもしれません。しかし、葬儀においては、身近な人ほど渡すお香典も高くしなければならないものです。家族葬の香典をもっと読む

家族葬の費用

家族葬の費用

家族葬で必要となるものは、まず会場代と祭壇の費用です。葬儀場のホールを借りるための費用がかかりますし、祭壇を作るのにも費用が必要となります。そして意外と忘れがちなものもあります。例えばご遺体を運ぶ寝台車や霊柩車を利用するにも費用がかかりますし、祭壇に設置するお菓子や果物、線香やろうそくなども葬儀場に用意してもらうため、費用が掛かることになります。家族葬の費用をもっと読む

家族葬の参列

家族葬の参列

葬儀を行う際に家族葬を選ぶ場合に悩みがちなのが、誰を呼ばなければならないのかということです。前述したように、家族葬は身近な人だけで行う葬儀ですが、身近な人といっても抽象的であり、実際にはどの範囲の人を呼べばよいのかわからないものです。 しかし、心配する必要はありません。家族葬において参列すべき人、参列してはいけない人に決まりがあるわけではないのです。家族葬の参列をもっと読む

深夜・早朝・24時間