家族葬の香典

家族葬プランはこちらから

家族葬の香典

家族葬の香典 画像
スポンサードリンク

家族葬でのお香典の相場は?いつ渡せばいいのか

日本では高齢化が進行しており、それに伴って様々な変化が起きています。 中でも葬儀の形式は大きく変化しました。 多くの人が参列する葬儀から、家族などの身近な人だけが参列する家族葬に変化しているのです。 これは高齢化に伴って、参列する人自体が減少しつつあることから起きている変化です。 また人付き合いが少なくなっている現代の社会背景を表しているとも言えます。 そんな家族葬は最近注目されるようになったため、まだ詳しいしきたりなどを知らないという人も多いでしょう。

今回は家族葬におけるお香典についてみていきます。

家族葬の場合のお香典の相場は?

家族葬に参列するということは、ごく身近な人が亡くなったということです。場合によっては両親や兄弟といった人が亡くなった際の葬儀かもしれません。 このように身近な人の葬儀であれば、お香典はもっていかなくても良いのではないかと考えるかもしれません。 しかし、葬儀においては、身近な人ほど渡すお香典も高くしなければならないものです。 相場は次のようになっています。 両親の場合は、5万円から10万円。兄弟の場合は、3万円から5万円。祖父母の場合は2万円から5万円です。 しかし、あくまでも相場なので、年齢などで金額が左右することは問題ありません。 またこれは家族葬だけでなく、通常の葬儀でも同様の相場となっています。

お香典はいつ渡すべき?

お香典はいつ渡すべき? 画像
スポンサードリンク

では、用意したお香典はいつ渡すべきなのでしょうか。 お香典を渡すタイミングも、通常の葬儀と同様で問題ありません。なぜなら家族葬であっても、通常の葬儀とほとんど流れは変わらないからです。 渡すタイミングは地域によって違いがあるので、その決まりに従えば問題ありませんが、おおよそ西日本では葬儀の時、東日本ではお通夜の時に渡すことになっています。

参列しなかった場合のお香典の渡し方

家族葬は身近な人だけで行うという特性上、知人の葬儀であっても呼ばれない可能性があります。 もし葬儀に呼ばれなかった場合に、お香典だけでも渡したいと思った場合はどうすればよいのでしょうか。 基本的にはお香典を渡すことは控えた方がよいです。 遺族は様々な葬儀の形式がある中、あえて家族葬を選んでいるのです。つまりお香典も辞退したいという意思の表れだと考えられるのです。 もちろん一度遺族に確認をして、お香典を受け取ってもらえることを確認してから渡すのであれば問題ありません。 知り合いが亡くなった場合には何かしてあげたいという気持ちもあるかと思いますが、家族葬である意味を再確認してもらえればと思います。

まとめ

家族葬でのお香典についてみていきました。 家族葬とはいっても、お香典に関しては通常の葬儀と変わりはありません。 しかし、参列していない人がお香典を渡す場合には、注意が必要です。 まだ家族葬になじみがない人も多いはずです。 もし知人などが家族葬を行う場合には、家族葬特有のマナーの再確認をしてみることをおすすめします。

スポンサードリンク

関連記事

家族葬とは

家族葬とは

家族葬とはその名の通り、家族など身近な人だけが参列する葬儀の形です。 葬儀というと家族や親族はもちろん、友人や近隣住民、会社の同僚や上司、さらには取引先の会社の人までが参列する場合があります。最期の時を多くの人に見送られることを理想としている人であれば、そういった賑やかな葬儀でもよいでしょう。家族葬とはをもっと読む

家族葬の範囲

家族葬の範囲

葬儀を行う際に家族葬を選ぶ場合に悩みがちなのが、誰を呼ばなければならないのかということです。前述したように、家族葬は身近な人だけで行う葬儀ですが、身近な人といっても抽象的であり、実際にはどの範囲の人を呼べばよいのかわからないものです。 しかし、心配する必要はありません。家族葬において参列すべき人、参列してはいけない人に決まりがあるわけではないのです。家族葬の範囲をもっと読む

家族葬の香典

家族葬の香典

家族葬に参列するということは、ごく身近な人が亡くなったということです。場合によっては両親や兄弟といった人が亡くなった際の葬儀かもしれません。このように身近な人の葬儀であれば、お香典はもっていかなくても良いのではないかと考えるかもしれません。しかし、葬儀においては、身近な人ほど渡すお香典も高くしなければならないものです。家族葬の香典をもっと読む

家族葬の費用

家族葬の費用

家族葬で必要となるものは、まず会場代と祭壇の費用です。葬儀場のホールを借りるための費用がかかりますし、祭壇を作るのにも費用が必要となります。そして意外と忘れがちなものもあります。例えばご遺体を運ぶ寝台車や霊柩車を利用するにも費用がかかりますし、祭壇に設置するお菓子や果物、線香やろうそくなども葬儀場に用意してもらうため、費用が掛かることになります。家族葬の費用をもっと読む

家族葬の参列

家族葬の参列

葬儀を行う際に家族葬を選ぶ場合に悩みがちなのが、誰を呼ばなければならないのかということです。前述したように、家族葬は身近な人だけで行う葬儀ですが、身近な人といっても抽象的であり、実際にはどの範囲の人を呼べばよいのかわからないものです。 しかし、心配する必要はありません。家族葬において参列すべき人、参列してはいけない人に決まりがあるわけではないのです。家族葬の参列をもっと読む

深夜・早朝・24時間