家族葬とは

家族葬プランはこちらから

家族葬とは

家族葬とは 画像
スポンサードリンク

人が亡くなった時に行う葬儀。人によって葬儀の形は様々であり、豪華に執り行いたいという人もいれば、細々と執り行いたいという人もいるでしょう。 そんな中、最近では「家族葬」と呼ばれる葬儀の形が増えています。葬儀場でもよく目にするのではないでしょうか。 ではこの家族葬とは一体どのようなものでしょうか。また家族葬が増えている理由とはなんなのでしょうか。

今増えている「家族葬」とは?

家族葬とはその名の通り、家族など身近な人だけが参列する葬儀の形です。 葬儀というと家族や親族はもちろん、友人や近隣住民、会社の同僚や上司、さらには取引先の会社の人までが参列する場合があります。 最期の時を多くの人に見送られることを理想としている人であれば、そういった賑やかな葬儀でもよいでしょう。 しかし、取引先の会社の人ともなると、社交辞令的に参列している場合もあります。 そういった社交辞令的な参列をなくし、家族だけで最期の時を過ごすことができるのが「家族葬」なのです。

家族葬のメリットとデメリット

スポンサードリンク

家族葬を行う家庭も増えているのが現状ですが、やはりメリットもあればデメリットもあるものです。 最近の風潮で家族葬が増えているからという理由だけで家族葬を行ってしまうと、反対に後悔してしまうこともあるかもしれません。 そういったことがないように、家族葬のメリットだけでなくデメリットも知っておきましょう。

①メリット
先ほどから述べているように家族だけで最期のひと時を過ごすことができるという点がありますが、費用を抑えることができるという点もメリットとして挙げられます。 葬儀を行う際には、参列者に対して食事を用意することがありますが、多くの人が参列すればそれだけ費用が掛かってしまいます。 ご家族が亡くなった後は何かとお金がかかるものです。そんな中で家族葬は、出費を抑えることができる葬儀なのです。

②デメリット
家族葬を行うことで起こりうるデメリットとしては、やはり人間関係にかかわる部分でしょう。 家族葬は家族など身近な人だけが参列します。しかし、中には葬儀に参列して故人とお別れをしたいと考えている人もいるでしょう。 そういった人を呼ばなかった場合、後々トラブルに発展しないとも言い切れません。 家族葬は身近な人だけが参列する葬儀ではありますが、呼んでよい人と呼んではいけない人が明確に決まっているわけではありません。 故人が生前、どのような付き合いをしていたのかをしっかりと確認して、家族葬に呼ぶ人を決めていきたいものです。

まとめ

最近増えている家族葬とはどのようなものなのかを見ていきました。 家族葬が人気となっている理由は、大切な人との最期の時間を大切に過ごしたいと思う家族の気持ちの表れとも言えそうです。 しかし、その反面、デメリットも存在しました。 家族葬を行う場合にはデメリットをうまく回避して、故人にとって素晴らしい最期となるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

家族葬とは

家族葬とは

家族葬とはその名の通り、家族など身近な人だけが参列する葬儀の形です。 葬儀というと家族や親族はもちろん、友人や近隣住民、会社の同僚や上司、さらには取引先の会社の人までが参列する場合があります。最期の時を多くの人に見送られることを理想としている人であれば、そういった賑やかな葬儀でもよいでしょう。家族葬とはをもっと読む

家族葬の範囲

家族葬の範囲

葬儀を行う際に家族葬を選ぶ場合に悩みがちなのが、誰を呼ばなければならないのかということです。前述したように、家族葬は身近な人だけで行う葬儀ですが、身近な人といっても抽象的であり、実際にはどの範囲の人を呼べばよいのかわからないものです。 しかし、心配する必要はありません。家族葬において参列すべき人、参列してはいけない人に決まりがあるわけではないのです。家族葬の範囲をもっと読む

家族葬の香典

家族葬の香典

家族葬に参列するということは、ごく身近な人が亡くなったということです。場合によっては両親や兄弟といった人が亡くなった際の葬儀かもしれません。このように身近な人の葬儀であれば、お香典はもっていかなくても良いのではないかと考えるかもしれません。しかし、葬儀においては、身近な人ほど渡すお香典も高くしなければならないものです。家族葬の香典をもっと読む

家族葬の費用

家族葬の費用

家族葬で必要となるものは、まず会場代と祭壇の費用です。葬儀場のホールを借りるための費用がかかりますし、祭壇を作るのにも費用が必要となります。そして意外と忘れがちなものもあります。例えばご遺体を運ぶ寝台車や霊柩車を利用するにも費用がかかりますし、祭壇に設置するお菓子や果物、線香やろうそくなども葬儀場に用意してもらうため、費用が掛かることになります。家族葬の費用をもっと読む

家族葬の参列

家族葬の参列

葬儀を行う際に家族葬を選ぶ場合に悩みがちなのが、誰を呼ばなければならないのかということです。前述したように、家族葬は身近な人だけで行う葬儀ですが、身近な人といっても抽象的であり、実際にはどの範囲の人を呼べばよいのかわからないものです。 しかし、心配する必要はありません。家族葬において参列すべき人、参列してはいけない人に決まりがあるわけではないのです。家族葬の参列をもっと読む

深夜・早朝・24時間