直葬プラン

家族葬プランはこちらから

直葬プラン

直葬プラン 画像
スポンサードリンク

最近では通夜・告別式を行わず、火葬だけを行う「直葬」という形式で葬儀を行う方が多くなりました。一人暮らしで身寄りのない方が亡くなった場合や、本人が葬式を希望しない場合にこの形式で行われます。無宗教とか形式にこだわらない人が直葬を選ぶことが多いようです。 直葬のメリットの一つは費用が安く済むことです。通夜も告別式も行わないので、会場を借りる必要もありませんし、豪華な祭壇も必要ありません。祭壇は葬儀が過ぎれば不要なものなので、お金をかけることに価値を見出さない人もいます。 また、葬儀に呼ぶ親族の範囲が少ないこともメリットの一つです。最小限の範囲しか呼ばないので、味気なく感じる人もいますが、遺族にとっては変な気を遣わずに済みます。

直葬の葬儀の流れ

1.逝去

自宅逝去の場合も、病院で亡くなった場合も、まず葬儀社に連絡し、火葬までの手順を相談します。医師に死亡診断書を発行してもらい、葬儀社に火葬許可証を手配してもらいます。

2.遺体を自宅または火葬場に運搬

自宅で亡くなった場合はそのまま自宅に安置します。病院等で亡くなった場合は、自家用のワゴン等で自宅に運搬しても構いませんが、火葬場には霊柩車しかは入れませんので、その場合は葬儀社に連絡して用意してもらいます。

3.遺体を安置

死後24時間以内は火葬してはならないと決められていますので、亡くなってから最低1日は自宅または火葬場で安置します。葬儀社の安置施設に安置することもできます。火葬場で読経を希望する場合には、葬儀社に僧侶の手配を依頼します。

4.遺体を納棺

火葬場に運ぶ前に棺を用意し、遺体に仏衣を着せ、棺に納めます。棺には花などを一緒に入れます。

5.火葬場に運搬

葬儀社が用意した霊柩車で火葬場に運搬します。仏式で読経を希望する場合は、僧侶に火葬場に来てもらうようにします。

6.火葬

読経がある場合は読経しながら遺族が最後のお別れをし、火葬します。火葬が終わるまでの間、遺族は別室で待機します。

7.骨上げ

遺族が2人1組になり遺骨を骨箸で挟み、骨壺に納めます。遺族は骨壺を持って自宅に戻ります。

8.初七日・精進落とし

告別式の会場に戻り、通常はこのときに初七日を行います。終わると僧侶と共に精進落としの食事をします。

直葬で親族を呼ぶ範囲

スポンサードリンク

直葬に出席する方は故人の家族やごく近い親戚に限るのが普通です。親戚であっても遠方の方はわざわざ出席するのに交通費もかかるため、遠慮いただきます。故人の近所の方とか友人が出席する場合もありますが、ごく少数の範囲に限定します。あまり人数が多くなると、直葬の趣旨から外れ、費用がかかってしまうからです。 このように主に親族だけで行うので、返礼や精進落としの必要がなく、費用を最小限に押さえることができます。火葬場に向かう際にも大きな車を用意する必要はありません。近所の方へのあいさつ回りもごく簡単に済みます。 もしお別れ会などを行いたいなら、骨上げの後や後日に形式にこだわらず簡単な会食だけを行うようにします。

直葬のデメリット

直葬で問題が起きるのは葬儀に立ち会えなかった親族が後でクレームをつけてくることです。また世間体を気にする人が、通夜や告別式のある一般的な葬儀を執り行わなかったことで、一族の恥のように言ってくる場合もあります。そのようなトラブルを未然に防ぐには、予め亡くなった直後に直葬で行うことを伝え、理解してもらうことです。 葬儀後に参列できなかった方たちが弔問に訪れてその対応に追われることがあることもデメリットの一つです。

直葬の相場

2017年に日本消費者協会が行った「葬儀についてのアンケート調査」では一般的な葬儀費用が120万円ほどかかるのに対し、直葬の費用は20~30万円となっています。この中には

  • ・搬送費用
  • ・安置費用
  • ・ドライアイス
  • ・仏衣
  • ・棺
  • ・骨壺・骨箱
  • ・火葬料金
  • ・火葬手続き代行

が含まれています。僧侶手配や読経料は別料金です。

スポンサードリンク

関連記事

家族葬プラン

家族葬プラン

家族葬は職場とか故人の単なる知り合いなど、社交上の理由で葬儀に出席する人を排除し、家族・親族・ごく親しい友人だけで行う小規模な葬儀です。 最近では高齢になり職場や友人などとの付き合いも少なくなっているのが実情です。家族葬プランをもっと読む

直葬プラン

直葬プラン

通夜・告別式を行わず、火葬だけを行う「直葬」という形式で葬儀を行う方が多くなりました。一人暮らしで身寄りのない方が亡くなった場合や、本人が葬式を希望しない場合にこの形式で行われます。無宗教とか形式にこだわらない人が直葬を選ぶことが多いようです。直葬プランをもっと読む

樹木葬プラン

樹木葬プラン

墓石の代わりに樹木を墓標として遺骨を埋蔵すること。墓石が必要なく、埋葬に必要なスペースも少なくて済むので、一般墓地に埋葬するより安価であるうえ、環境に配慮しているというイメージもあり支持する人が増えています。樹木葬プランをもっと読む

海洋葬プラン

海洋葬プラン

墓地に埋葬せず、自然に還す「自然葬」。火葬後の遺骨を墓地に納める代わりに海に撒くのが海洋葬です。海洋葬は古代インドで死者をガンジス河に還す成仏を願う行事として始められました。海洋葬プランをもっと読む

深夜・早朝・24時間