ご葬儀の準備 | 紲式典

家族葬プランはこちらから

ご葬儀の準備

病院から危篤を告げられたら

病院から危篤を告げられたら

危篤というのは、病状が悪化してきて本人がいつ亡くなってもおかしくない状態になっていることを言います。出来るだけ急いで病院に駆けつけましょう。とは言っても、深夜や早朝ですと電車やバスといった交通機関は動いていません。自家用車やタクシーを使うことになりますから、家族が近所に住んでいる場合は「誰の車に誰が乗るか」「時間が掛る場合は、誰が先に病院に行くか」など打合せをしましょう。時は一刻を争う場合もありますから、出来るだけお互い助け合って時間のロスがないようにして下さい。病院から危篤を告げられたらをもっと読む

通夜までに、やらなくてはいけない事

通夜までに、やらなくてはいけない事

家族との突然のお別れという悲しみの中、葬儀の準備をしなくてはいけません。葬儀社は葬儀を進めてくれますが、あくまでもアドバイザーなのです。まずは家族で通夜までに決めること、やらなければならないことをお知らせします。葬儀の主催者が喪主です。遺族を代表して弔問を受ける要職なので、配偶者や子供となります。配偶者や子供がいない場合は、親や兄弟といった、故人と縁の深い方々が喪主となるのです。葬儀の後も法要が何年も続きますから、それらに対応できる人を選ぶと良いでしょう。通夜までに、やらなくてはいけない事をもっと読む

まずやらなくてはいけない手続きとは

まずやらなくてはいけない手続きとは

家族が亡くなると、様々な手続きや届け出が必要となってきます。死亡後すぐに準備をしなくてはいけないものから、2年以内に出すもの、期限を設けていないものなど多種多様ですが、ここでは葬儀に向けて「急いでやらなくてはいけない手続き」についてお知らせしましょう。まずやらなくてはいけない手続きとはをもっと読む

遺体の搬送をどうしますか?

遺体の搬送をどうしますか?

病院などで家族が亡くなった場合、慣れ親しんだ我が家に急いで連れて帰りたいと思う方も多いでしょう。でも遺体搬送はとっても繊細なもの。素人には難しいかも知れません。一般的には専門業者(葬儀社)に依頼することが現実的です。遺体の搬送をどうしますか?をもっと読む

告別式と葬儀はそもそも別のもの

告別式と葬儀はそもそも別のもの

葬儀に参列すると「○○家の葬儀・告別式」とアナウンスが入ります。葬儀と告別式は本来違うものですが、具体的には何が葬儀で、何が告別式なのでしょうか?気になる疑問にお答えしましょう。告別式と葬儀はそもそも別のものをもっと読む